So-net無料ブログ作成

不動産賃貸業(個人事業で青色申告)を1... [質問箱]

不動産賃貸業(個人事業で青色申告)を10/1付けで開業致しました。9/1から末日までに、登記関係の租税公課や少しの金額の事務用品や消耗品、会計ソフトの購入費などの支出があるのですが、開業日や前払い経費などとして日付に関係なく10/1付けで帳簿に記入する物なのでしょうか?交際費などは排除し誰が見ても明らかな費用のみに絞るつもりです。会計初心者なので、開業以前の費用を開業日付で<計上>すると言う事があまりピンとこないのです。何卒、御教授下さいませ。

ベストアンサー

10/1付けとは、所轄税務署への開業届のことですか?それとも、現実に事業を開始した日付でしょうか?いずれにせよ、「開業」前の諸経費は「開業費(or創業費)」と呼ばれこれは「繰延資産」となります。「費用」とは異なります。通常、5年で均等償却処理とします。初年度は、総額×1/5×3/12=償却額(経費計上額)です。ただし、少額の場合は初年度の経費に含めることも可能です。迷う場合は、所轄の税務署に確認しましょう。匿名でも回答してくれますし、税務署は決して鬼ではありませんよ。電話に抵抗があるなら、国税庁のHPを見ましょう。詳細な項目ごとに解説されています。アドは、「国税庁」でググって下さい。すぐ、出ますよ。

生活雑貨900選! ヴァンゴッホ パステル色鉛筆30色セット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。